コンタクトレンズ障害を起こした場合など、コンタクトレンズが使えない場合があります。

TOP > コンタクトレンズが使えないケース

コンタクトレンズが使えないケース

眼の状態によっては使用できません

自分のライフスタイルや用途に合ったレンズを選び、正しい使い方をすれば快適で便利なコンタクト。しかし、コンタクトは眼鏡と違って、誰もが簡単に使えるわけではありません。
使えるかどうかは眼の状態によって判断されます。

ソフトコンタクトでも異物感を感じてしまう「角膜知覚過敏」の人、急性結膜炎やアレルギー性結膜炎にかかっている人はコンタクトが使えません。コンタクトレンズ障害を起こした場合も使用禁止となります。
コンタクトレンズを装着することで、眼が危険な状態になると予想される場合は、ドクターストップがかかる訳です。

ドライアイがひどい場合も使用できないことがあります

近年増えているドライアイも、重度になるとコンタクトによるトラブルの頻度が高くなって使用が難しくなりますが、軽症であれば適切なレンズを選んで装着することも可能です。
眼によいと思って習慣的に防腐剤入りの目薬や洗眼剤を使っていると、涙が一緒に洗い流されてドライアイになることがあります。

使用方法をまもりきちんとお手入れを

眼の状態が改善されればコンタクトを使えるようになりますが、正しい手入れをする自信がない人はコンタクトの使用はあきらめた方がよいでしょう。
使用期限を過ぎたレンズを装着したり、連続装用できないコンタクトで寝てしまうなど、装用方法を守れない人もコンタクトに向きません。 ちなみに、成長期にコンタクトを使うのは眼への負担が大きく危険とされています。

コンタクトレンズを使うには眼科での受診が必須です

いずれにしても、コンタクトを使えるかどうか判断するのは眼科医です。
コンタクトレンズを購入するときはもちろん、購入後も眼科での定期健診 を欠かさないよう気をつけましょう。

利用規約このサイトについて

コンタクトレンズやその使い方、注意しなければならないことなどについてまとめた、「コンタクトレンズについて」

copyright© 10001.jp all rights reserved